福島民報連載「民報サロン」④

手放す事で出逢った縁

「えー、もったいない、どうして?」
震災後、薬剤師を辞めNPOを設立した時、友人知人が声を揃えて言った台詞です。「なんでなんだろぉー?」自分でもよく解らない。焦りはあっても何をどうしていいかわからない状態の日々でした。何か自分の得意分野でお役にたつ事出来ないかな?って右往左往しているうちに、自然発生したNPOだというのが一番正直なところです。
5年たった今、薬剤師の務めを手放し、NPOを設立したことで気がついたことや教わったことが沢山あります。
一つ目は、時の流れを自分時間で決められる様になった事です。
朝4時に起きて一日がスタート。一斉に鳴き始める鳥の声、昇る朝日の清々しさ。夕方5時過ぎには夕飯を食べ、9時には就寝。自分時間で一日を過ごす。勤務時間に縛られず、時間を楽しむ余裕が出来ました。反面、いつも何かお役にたつ事は出来ないかと心にかけ、仕事するようになりました。休日という概念がなくなったのです。
その2、収入は激減しましたが、お陰様で不要なものを購入しなくなりました。何か買わなくてはという衝動がわかなくなったのです。命をつなぐ「食と水」は大切にしますが、その他の出費は手放しました。
その3、今を喜び、感謝することで、日々の生活の幸福度がメチャメチャあがってきました。
その4、やりがいのある、心が喜ぶ仕事ができるようになりました。
当NPOではこの人の生き方、すごく素敵だな、お手本にしたいな、って言う人生の達人を皆さんにご紹介する交流型の学習会を開催しています。集う人は損得勘定のお客様ではなく尊徳感情をシェアする仲間です。肩書や性別、年齢も関係ありません。集い、学び、お茶を飲み、ご飯を食べ、笑い、怒り、泣き、喜怒哀楽を共にできる平等な仲間です。参加した皆さんから感謝の言葉をもらい、スタッフ一同、感動を頂いています。何者にも換えられないご褒美です。
本日、いわきアリオスでご講演をいただく池川明先生も素敵な人生の達人。
10年以上前からコツコツと、子供達にお腹の中にいた頃の聞き取り調査をし『胎内記憶』として論文で発表。著書やDVDも多数出版されています。
死産・流産、子供との死別。病気や障害を持って生まれた子供に、我が身を責めるお母さん。沈んだ心にしみこむ、慈愛に満ちた愛情あふれる言葉と笑顔で、勇気ややる気を呼び起こし、家族に幸せを運ぶコウノトリのような産婦人科の先生です。
「どうも赤ちゃんって意志があって、自分の人生を自分で決めて生まれてくるようなんですよ。雲の上から見ていたよ、お母さんを幸せにするために生まれてきたんだよって、多くの子供が話すんですよね。そんな子供の成長を慈しみ、ぐんぐん伸ばしてあげる子育てをしましょうよ。赤ちゃんは選ぶんですよ、このお母さんがいい、この家族でいこうってね。」そう話す池川先生。ゲストに荻久保監督やどいしゅうさんも迎え、「池川明と愉快な仲間たち」は、いわきアリオスで本日1時よりスタートです。
どうぞお気軽にお越しくださいね。
(いわき市中央台鹿島、元気の素カンパニー以和貴理事長 植木秀子)